【絶対使えるタープの張り方】スクエアタープの活用法を詳しく解説

ブッシュクラフトLIFEWORKでは、読者の皆さまのアウトドアライフにイロドリを!をテーマに、
アウトドアインストラクターアシスタントである筆者の体験レビューを、丁寧に解説し、楽しく遊ぶ提案をしています。
ブッシュクラフトとは、森の生活技術を応用したアウトドアの遊びのことです。

キャンプと言えばテントにタープ・・・荷物がついつい多くなり、行きたいのに行けなくて悩んでいませんか。

少ない荷物でアウトドアを満喫できちゃうよ〜!

一番大きい荷物であるテントを持ち込まず、

タープの張り方アレンジで、泊まれるようにしちゃいます!

初めは、全くアウトドア知識のなかった私が、母と子2人でキャンプに行けるようにまで成長しました。

この記事では、スクエアタープの張り方を5パターン紹介していきます。

使用するタープは、正方形。目的や環境に合わせ、折り紙のように形を変えれ汎用性が高いです。

ワークショップの講師は、越山哲老さん

  • UPIブッシュクラフト&ナイフインストラクター
  • モーラナイフジャパン公認インストラクターのナイフの達人

であり、

ブッシュクラフトのスピリットを伝えてくれる越山哲老です。

なんでも熱く語ってくれるところが魅力的で、瞳がキラキラしているとてもチャーミングな方です。

スクエアタープを使用し、自然をより身近に感じながら、外遊びをしてみませんか。

この記事は、こんな方へおすすめ!
・ブッシュクラフトが何か知りたい
・タープの張り方アレンジが知りたい
・タープ選びに迷っている

この記事を読むとこんなことがわかります

  • ブッシュクラフトという言葉の定義づけについて
  • ブッシュクラフトに適したおすすめタープ:アクアクエストについて
  • タープの張り方アレンジ5種類
この記事を書いている人
ムスカリ

ブッシュクラフトLIFEWORKの運営者

アウトドアインストラクターアシスタント

小学校サバイバルレッスンゲストティーチャー

危険生物対策アドバイザー

タップできる目次

ブッシュクラフトとは?

ブッシュクラフトとは、森の生活技術を応用したアウトドアでの遊びのことです。

・ブッシュクラフトを簡単に英語で言うと、”ウィルダーネス(荒野の)サバイバルスキル”

フィッシング、ハンティング、トラッピング(罠)、トラッキング(足跡)、キャンピング、クッキング。それぞれ要素として別々に読んでいたものが、ぎゅっとまとまったものがブッシュクラフト

・1960年代にオーストラリアのブッシュでサバイバルの道具をクラフトしたというのがブッシュクラフトという言葉の生まれだそう

(自然派ソロキャンプ浪漫 徳間書店 より引用)

これを見るとキャンプ、クッキングあたりは、身近に感じます。

  • 過酷な状況下でサバイバル的に楽しみたい
  • ワイルドなスタイルのキャンプが好き
  • サバイバルではなく、ゆるく自然の中で遊びたい

そんな想いをお持ちの方にぴったりな世界観の遊びがブッシュクラフト。

取り入れ方は、自分次第。ソロでも親子でも自分スタイルで楽しめる良さがあります。

大人だけじゃなく、子どもたちとも一緒に遊ベる、ブッシュクフラフト!

森遊びで経験した、小さなできた!の積み重ねは、私たちに大きな自信を与えてくれます。

いくつになっても、できた!は、やっぱり嬉しいな。

それが、ブッシュクラフトの魅力だと感じています。

雨に強いタープ:アクアクエスト <ヘビーデューティー>

アクアクエスト ディフェンダーシリーズ:へビューティー特徴紹介

  • ウォータープルーフ(耐水圧は20,000mm
  • 頑丈で長持ち(丈夫なナイロン+強化ステッチ)
  • 多様性 (自由自在のセットアップでどんな地形にも対応)
  • コンパクトな収納・豊富なサイズ展開   

Amazonより出典

購入したタープは、3mX3mサイズの正方形です。

このサイズは、

  • 大人1人〜2人
  • 大人1人+子ども2人(小学生くらいまで)

に適したサイズ感です。

ブッシュクラフトタープの特徴
  • 一辺にループが5個、中央に3つのループつき
  • ループが風よけ、雨よけ、日差し避けになる
  • 用途や、場所に合わせ、形を自由に変化できる
実用的!

アレンジ方法を知っているだけで、臨機応変に対応でき、非常時にも活躍できます。

撤収時、雨が降ってきたら、ささっとタープを張るだけではなく、タープ下に荷物を置いたり、子供達を避難させたりもできます。

耐水圧が高く、雨にも強いので安心感は抜群!

DDタープと比較すると縫製は綺麗に感じました。

そして、重量1.5kg

この重量は、車移動であれば、全く問題ありません。

以前紹介させていただいた、焚き火に強いポリコットン素材のogawaのタープと比較すると、やはり軽く感じます。

アクアクエストには軽量タイプもあり、重さ480gからあります。

ところが、耐水圧が5,000mmで、ヘビーデューティーとは、15,000mmも異なります。

タープ選びのポイント
移動方法でタープの重量をチェックして、決定します
・登山目的は、軽量化重視
・徒歩、公共機関などの移動は、自分の可能な範囲
・車は、ヘビーデューティーがおすすめ

私は、車移動のため、重量は気にせず

  • 耐水圧
  • 耐久性

を考え、へビューティーシリーズを選んでいます。

重いと感じたことは、今まで一度もなかったです。

アウトドアをもっと満喫できる!スクエアタープの張り方5選

Aフレーム

リッジラインを張り、タープを張っています。

タープの基本の設営方法。内側に広い空間がとれます。

タープと地面の間に隙間を開けるのがポイント。ここが空いていると、風が抜けます。

三角屋根のお家のようなシェルターの完成です。

リッジラインにタープを吊っています。

ポールを使わず、サイドの木を利用し、屋根の上に地面と平行になっているリッジラインを作ります。

そこにプルージックを使って、木の枝でとめます木を引き抜けば素早く撤収できます。

撤収の速さを求めるところは、サバイバル由来のところでしょうか。

プルージック持ちながら横にスライドすると動き、微調整がききとても便利です。

四隅は、下に向かって、ベグダウンしています。

ダイヤモンド

あの3mX3mのタープがこんな形になります。

プライベート空間を保てソロキャンプにもぴったり

テントは中に入ると外の景色は見えないけど、これは、開放感抜群です。

ペグ4本とロープでこんなに素敵。持ち物も少なく、外出できるのがタープの魅力です。

徒歩や公共機関の移動に大活躍です。

片側だけ内側に折りこみ、荷物置きや寒さ対策に。

入り口で焚き火をしながら、一夜を明かせます。

冬は焚き火の輻射熱で、暖かく快適に寝れます

こんな私も憧れのタープ泊を経験してみました。

焚き火の横で眠るのは至福の時です。

自然との一体感を感じながら過ごすのは魅力的で、今や大好きになってしまいました。

テント泊を堪能している方、初心者だけど興味のある方、是非一度タープで寝てみませんか。

キャンプ初心者でもできる!タープ泊についてご興味があれば、体験談を別記事にまとめています。

ダイヤモンド(変形)

タープ中央にループがあるので、そこを引くことで、内側に広い空間が生まれます。

リーンツー(差し掛け式)

これは、アクアクエストではなく、ポンチョを利用

地面と平行なリッジラインを作り、そこにプルージックノットで固定します。

両端は、紐の先にペグダウン。先ほどと同様地面との間に、風の通り道を作っておきます

設営や撤収の際の急な雨の時に、荷物や子供たちの避難場所にはぴったりです。ささっと出来たらカッコいいですね。

雨天時ポンチョを使うポイントは、フード部分を下にして、内側でお団子のようにしておく。そうすると、雨水が溜まらないです。

一方、ループがないタープにループの役目を作るアイディアも教えていただきました。

ポンチョなら、フード部分、フードが無ければ中に石などを入れて、ループ代わりにし、中央をこんな風にして引き上げることも可能です。↓(以下写真参照)↓

ポンチョの帽子部分に石を入れて結んであります。

こうすると、ループがないタープでも中央を引っ張れるので、内側の空間が広がり、快適度がアップします。

また、雨が降ってきたら、こんな風に折り返し使うこともできます↓

悪天候時には、荷物も置けるし、一時的に避難もできるね!

ステルス張り

低いので、風の抵抗を受けにくい

これなんて、テントかと思う見栄えで、同じ3mの正方形タープには見えません。

個人的にはマニアックな雰囲気の名前に心踊ります。

ペグダウンし、中央にポールがわりになる木を入れて立たせます。(木にタオルやグローブをかませ、穴が開かないようにしておく)

外から見えないようにクローズすることも可能です。

プライベート空間を保つことができ、安心して過ごせそうです。

形あるものをそのまま使うことに慣れすぎていたので、全ての学びが新鮮で、充実したワークショップでした。

そして今や子供を巻き込み、本気で楽しいリフレッシュ時間を過ごしています。

ソロやパートナーとでも楽しめるし、ファミリーだからと妥協せずともしっかり楽しめるのが、ブッシュクラフトの魅力です。

もっと知りたくなってしまった方には、こちらの本がおすすめです。↓

タープの張り方を学ぶのにオススメの本:CAMPING SOLO

タイトル:CAMPING SOLO 保存版 ソロキャンプデビューテクニック夏&秋編

出  版:徳間書店

ワークショップの講師だった越山哲老さんが登場し、詳しくシェルター設営方法を、解説してくれています。

細かい写真もたくさん載っていて見やすい!

タープを使いこなしたいと思っている方にはバイブル的一冊です。

焚き火の組み方なども載っていて、情報満載。

思うようにお休みのスケジュールが取れず、キャンプしたくてうずうずしている時に、絶対読んで後悔しないおすすめの本です。

私は、CAMPING SOLOの本を手に取った時は、知らないことばかりでした。

現在は色々経験して、復習になるところもあり、ビギナーでも経験者でも持っていると頼もしい一冊だと思っています。

役立つタープの張り方5選のまとめ

スクエアタープを利用すれば、荷物がぐっと減り外遊びに出掛けやすくなります。

スクエアタープの張り方アレンジ方法を簡単に紹介しました。

車移動におすすめなタープは、こちらです。

今回メインで使用したのは、アクアクエストのディフェンダーシリーズのヘビーデューティーです。

サイズは3x3mの正方形

雨にも強く丈夫でコンパクトな上、サイズ展開も豊富です。

タープ、ペグ、ロープがあれば、なんとか形になります。

一見上級者っぽいですが、複雑そうなフレームテントより、ずっとシンプル

サバイバルスキルから生まれているブッシュクラフトの楽しみ方は、あなた次第。

モーラナイフジャパン公式インストラクター&ブッシュクラフトの達人越山哲老さんシェルター構築のワークショップでの学びを紹介しました。

全国各地でワークショップを開催している方です。一期一会の機会に感謝です。

タープの詳細テクニックを知りたい方はCAMPING SOLOの本に分かりやすく載っています。

ブッシュクラフトキャンプをもっと知りたい方へ、初めてのブッシュクラフトキャンプの始め方を解説しています。

ご興味があれば参考までにどうぞ。

それでは、今日も皆さまの素敵な日々にイロドリを。

この記事を書いている人
ムスカリ

ブッシュクラフトLIFEWORKの運営者

アウトドアインストラクターアシスタント

小学校サバイバルレッスンゲストティーチャー

危険生物対策アドバイザー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次