タープ泊初心者におすすめ!ダイヤモンド張りの張り方を図解で解説

タープ泊でダイヤモンド張りの張り方

ブッシュクラフトLIFEWORKでは、読者の皆さまのアウトドアライフにイロドリを!をテーマに、
アウトドアインストラクターアシスタントである筆者の体験レビューを、丁寧に解説し、楽しく遊ぶ提案をしています。
ブッシュクラフトとは、森の生活技術を応用したアウトドアの遊びのことです。

タープ泊って、どんな風に張ればいいんだろう?

空間が広くキープできるダイヤモンド張りがおすすめだよ!

ダイヤモンド張りとは、初心者でも張りやすい、居住空間が広く、開放的なタープ設営スタイル。

ダイヤモンド張りの方法を、
図解を使って解説!

森の中で、タープを張るという、周辺木々を使用したワイルドな張り方をご紹介します。

使用タープは、防水性抜群のアクアクエストの3mX3mのスクエアタープです。

大人1人なら、荷物を置いても、スペースに余裕があり、十分すぎる快適空間。

大人2人利用でも安心の、地べたスタイルで野営ができます。

この記事はこんな方へおすすめ
・初心者でもできる張り方を知りたい
・タープで野営したい
・森の中でタープを張りたい

この記事を読むとこんなことがわかります

  • スクエアタープを活用し、ダイヤモンド張りの張り方
  • ブッシュクラフトにおすすめなタープ
  • ダイヤモンド張りの居住空間の広げ方
この記事を書いている人
ムスカリ

ブッシュクラフトLIFEWORKの運営者

アウトドアインストラクターアシスタント

小学校サバイバルレッスンゲストティーチャー

危険生物対策アドバイザー

タップできる目次

ダイヤモンド張りとは?

一点を支点に、菱形になるように張る、タープの張り方です。

タープを張った時の、居住空間が広く、寝るスペースや荷物置き場がきちっと確保できるのが魅力的。

先端部分が、庇(ひさし)となり、タープの下で焚き火をしながら過ごすスタイルには、ぴったりです。

このスタイルの特徴は、

何といっても風に強く、安心して野営できるというのがありがたい。

迷ったら焚き火、風、雨に対して抜群の性能を持っているこのスタイルがオススメだ。

タープワーク 誠文堂新光社 荒井裕介著

ブッシュクラフターであり、ワイルドライフクリエーターである荒井裕介さんは、こう語っています。

吊るす場所を一点定めたら、あとは、底辺部分を地面にベグダウンしていきます。

道具も少なく、簡単な手順で、できるダイヤモンド張り。

初めてダイヤモンド張りを見た時、

立体的な形になって、感激したなぁ!

タープの大きさにもよりますが、

ダイヤモンド張りは、空間がオープンすぎず、クローズ過ぎてもいないところが魅力的で過ごしやすい

外が見え、自然とつながっている感じがするところが、私はとても気に入っています。

ダイヤモンド張りがおすすめな人

ダイヤモンド張りでタープ泊をして、目覚めた景色。

ソロキャンや、初めてのタープ泊でおすすめのスタイルだね

ダイヤモンド張りがおすすめな方は、

  • 1人時間を静かに楽しみたい
  • 閉鎖空間は嫌だけど、開放的すぎは、なんだか落ち着かない
  • タープの下で焚き火をして過ごしたい

そんな想いをお持ちの方にぴったりです。

3mの正方形のタープなら、大人1人、または2人は、泊まれるよ

タープを大きくすれば、複数人数で、過ごすことも可能です。

ソログルキャンで、ダイヤモンド張りをそれぞれして泊まるスタイルも、小さい集落のような雰囲気で素敵です。

実際に体験してみたら、プライベートを保ちつつ、一緒に楽しむ時間も共有できるところが、魅力的でした。

ダイヤモンド張りは、見た目もカッコイイ!

タープで野営をしている、自己満足度を上げてくれる張り方でもありますね。

タープ泊の必須道具:タープとパラコードを紹介

タープは、扱いやすい正方形の一片が3mのタープを使って説明していきます。

パラコードは、タフグリッドが、使いやすくおすすめです。

ダイヤモンド張りに必要な道具①スクエアタープは、アクアクエストを使用

アクアクエストは、シリーズ別に4種類のタープを扱っていて、サイズも豊富です。

私が使用しているのは、ディフェンダーシリーズの3mX3mです。

耐水圧が20,000mmと完全防水!

DDタープは、3,000mmだから、4倍ってすごいね!!

アクアクエストは、

  • サイズ
  • 重さ
  • 耐水圧
  • 素材 

と用途に合わせて選べるので、魅力がいっぱい。

詳しいアクアクエスト情報を知りたい方は、詳細記事を参考にどうぞ。

▶︎アクアクエストタープのスペックや魅力について詳しく紹介

ダイヤモンド張りに必要な道具②パラコードは、タフグリッドを使用

ミニタリーでも通用するというミルスペックなパラコードが、タフグリッドです。

  • アメリカ陸軍が定める基準をクリア
  • 実際にカーゴパラシュート用のコードとして使われている

リアルな実用性に対応したパラコード!

100フィートと50フィートがあり、どちらも買いました。

というのも、足りなくて、何度も買い足しました。

今回のダイヤモンド張り以外でも利用できるので、トータルで、現在は200フィート分持っています。

1フィートは、30.48cm

ざっくり、30cmと計算すると、

50フィート約15m
100フィート約30m

UPI OUTDOOR HP参照)

ダイヤモンド張りに使用するなら、場所にもよりますが、100フィートあれば大丈夫

パラコードは、足りないと困るので、多めに持ってます!

サバイバルなら、木の皮を繋いでロープにしたりするみたいですが、流石にそれはハードル高すぎますよね。

足りない時に継ぎ足して使えるので、いざという時に役立ちます。

ダイヤモンド張りの張り方を図解で解説

ダイヤモンド張りの必要道具

道具は、アクアクエストのタープとタフグリットのパラコードを使用しています。

オレンジの印の4箇所がベグ打ち箇所となります。

ペグダウンするループ位置を覚えちゃおう!

全体的な流れは、頂点となるポイントを決めてから、タープの底辺をペグダウンしていきます。

ダイヤモンド張りの完成形です。

この形を目指して、やってみましょう〜

STEP
タープを吊る頂点を決める
タープ泊ダイヤモンド張りの張り方1

高い木(4~5m)の枝にロープをかけ、折り返してきたパラコードを固結び。

片結びした後のパラコードの一方を、引き解けむすびにし、タープのループに入れ木の棒で止めます。

オレンジ印が、頂点となり、タープ全体が、パタパタと宙に浮いた状態になっています。

タープを吊る時は、固結びで大丈夫

引き解け結びにすると、解けなくなっちゃうから、気をつけて

次に、底辺を固定していきます。

STEP
2箇所をペグダウンし、はみ出ている三角部分を内側に折り込む
タープ泊ダイヤモンド張りの張り方2

緑印を持ち、矢印の方向に引っ張りながら、オレンジ印2箇所をペグダウンします。

そして端に出来上がった、三角部分(オレンジと緑でできた三角形)を内側に折り込んでおきます。

STEP
オレンジ2箇所をペグダウン
タープ泊ダイヤモンド張りの張り方3

矢印方向にしっかりテンションをかけ引っ張りながら、順番にペグダウンします。

これでタープ入口が完成!

次は居住スペースをさらに広げていきます。

オレンジ部分をペグダウンして、端っこの小さな三角部分を内側に折り込んでいます。
STEP
黄色を後ろに引っ張り、
内側の空間を広げる
タープ泊ダイヤモンド張りの張り方4

中央のループを引っ張り、居住スペースを広げることで快適に過ごせます。

周辺状況により、2つの方法を選択できます。

  • パラコードで引っ張り、周辺の木に結ぶ
  • パラコードで引っ張り、二股の木の枝に掛け、地面にペグダウン

これだけで、見違えるほど空間が広くなり、窮屈感がなくなります。

二股の木の枝を使って、タープ中央を引っ張っています。

全体的に形を整えたら、完成です!

CAMPING SOLO 徳間書店 参照)

立木がない場所のダイヤモンド張りは、ポールを使用

周辺に立木がなくても、ダイヤモンド張りは可能。その時は、ポールを1本使います。

その際、上記設営順番1と2が逆になります。

ポールを使用してダイヤモンド張りをする場合
  1. 底辺を2箇所固定する (STEP2)
  2. 左右にガイライン(斜めのライン)を張り、ポールを自立させる(STEP1)

ロープワークあるある・・・覚えられないけどどうしよう?

実際にやってみると、どうやって結ぶんだっけ?と結び方が分からなくなることも、よくあります。

そんな時は、こだわらずにやってみるのが一番!

分からないことで、次はこういう風に結べたら良いなぁと思うようになります。

そして、結び方が自然と頭に入ってくるように、徐々になっていくはず。

楽しんでみるとこから始めた私は、

実は、人一倍覚えが悪かった。

だけど、経験を積んでいくと体が覚えてくる!のを実感。

ロープワークは、面白い!と思って楽しむのが一番かなと思っています。

ダイヤモンド張りに適した環境

ブッシュクラフトキャンプに共通していますが、周辺に立木がある場所が適しています。

周辺に立木があると、風をブロックしてくれるメリットも。

木々に安全な太い元気な枝があると、ロープをかけやすいので、自然環境を生かしたタープが張れます。

それでも、風が強い場所ってありますよね。

ダイヤモンド張りが風に強いといっても、できるだけ風を避けられるような場所に張ることが、安全です。

風がどっちから吹いているのかな?

と常に確認して、張る方向を決めていきます。

居住スペースの正面からダイレクトに風が来ないように、

  • 風が横に流れるように張る
  • 風が後ろから吹くように張る

その場所で、一度立ち止まって環境を俯瞰(ふかん)して見ることが大事

風が強すぎると感じる時は、危険な場合もあるので、安全面には気をつけてくださいね。

ダイヤモンド張りの方法まとめ

初めてでもチャレンジしやすい、少ない道具で、雨風を凌げるシェルターの作り方を紹介しました。

ダイヤモンド張りに必要な道具

  • スクエアタープ
  • パラコード
  • ペグ4本

記事内でご紹介したタープはこちら

記事内でご紹介したミニタリースペックのパラコードはこちら

一点を支点にタープを菱形になるように、張っていくのが、ダイヤモンド張りです。

  1. 支点となる場所にロープをかけ、タープを吊る
  2. 支点の対角となる場所の両隣をペグダウン
  3. 残り二つの角を地面にペグダウン
  4. タープ中央部分を後ろに引っ張り張る

タープ泊を楽しみながら、ブッシュクラフトをしたい方へオススメのキャンプサイトはこちら

ブッシュクラフトキャンプで過ごす1泊2日の過ごし方を体験談をもとに詳しく紹介しています。

タープ泊デビューをしてみたい方必見です。

デイキャンプで一度練習してから、タープ泊をするのが安心して過ごせそうですね。

このスタイルでぐっすり眠れるようになり、テントがなくても全然大丈夫になってしまいました。

それでは、皆さまの素敵な日々にイロドリを。

にほんブログ村 アウトドアブログ ブッシュクラフトへ
にほんブログ村
この記事を書いている人
ムスカリ

ブッシュクラフトLIFEWORKの運営者

アウトドアインストラクターアシスタント

小学校サバイバルレッスンゲストティーチャー

危険生物対策アドバイザー

タープ泊でダイヤモンド張りの張り方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 初めてのタープ泊はダイヤモンド張りでした。
    開放感とプライベート感があってよかったですね〜。
    今ではアディロンダックがお気に入りになりましたけど。

    やっしの講習のおかげです

    • 衝ちゃんさん、コメントありがとうございます!
      初めてはダイヤモンド張りだったんですね。
      私もすっかり魅力に引き込まれてしまいました。

      アディロンダックなんていう張り方もあるんですね。勉強になります!
      今度調べて、やってみようと思います。
      ますますタープ泊が楽しくなりそうで、嬉しいです。

      タープの張り方で、おすすめがあったら、是非またアドバイスください。

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次