【焚き火で餃子を焼く】絶品!手作り餃子レシピ。スキレット蓋なしOK!

キャンプ飯で餃子の作り方

ブッシュクラフトLIFEWORKでは、読者の皆さまのアウトドアライフにイロドリを!をテーマに、
アウトドアインストラクターアシスタントである筆者の体験レビューを、丁寧に解説し、楽しく遊ぶ提案をしています。
ブッシュクラフトとは、森の生活技術を応用したアウトドアの遊びのことです。

キャンプで冷凍餃子は、人気メニューの一つですよね!

冷凍も美味しいけど、一手間かけるとさらに感動の美味しさ。

今回は、自宅でタネを作ってキャンプで焼く自家製餃子の作り方をご紹介します。

事前の下準備がポイントです。前日仕込みで当日は包んで焼くだけ!

できるだけ洗い物を出さない工夫もご紹介します。

簡単に短時間でできる、絶品餃子なのでぜひ作ってみてくださいね。

この記事はこんな方へおすすめ
・市販の餃子に飽きてしまった
・親子で一緒に料理をしたい
・手作りすることが好き

この記事を読むとこんなことがわかります

  • 自宅での下準備方法
  • 絶品餃子レシピ
  • 焚き火で餃子の焼き方
この記事を書いている人
ムスカリ

ブッシュクラフトLIFEWORKの運営者

アウトドアインストラクターアシスタント

小学校サバイバルレッスンゲストティーチャー

危険生物対策アドバイザー

タップできる目次

手作り餃子の材料

【材料】約4人分

出来上がり量:市販の餃子の皮1袋+翌朝スープに入れる分

  • 市販の餃子の皮
  • キャベツ1/4 (または白菜)
  • 豚ひき肉300g
  • 長ネギ1/3本
  • ニンニクみじん切り1かけ
  • しょうがみじん切り1かけ
  • 酒 小さじ3
  • 塩 小さじ1
  • 醤油  大さじ1.5
  • 砂糖  小さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • ホワイトペッパー (お好みで)
  • 油大さじ1(今回は米油を使用)
  • 水 大さじ1〜2

白菜かキャベツは、その時期の旬のものを使っています。シャキシャキ感が強いのは、キャベツなので、お好みでどうぞ。

お家で作っておけば簡単!餃子の下ごしらえ

キャンプ前日に、餃子のタネを仕込んでおけば、あとは、包んで焼くだけです。

STEP
キャベツを粗みじん切りにする

ざっくりとみじん切りにしたら、塩を加え揉んで15分以上置いておきます。

STEP
キャベツの水切りをする

キッチンペーパーで包み、キャベツの水をしっかりときります。1/4のキャベツもこんなに量が少なく。

STEP
大きめのボウルに、2のキャベツと調味料を入れる

この時に、ビニール手袋をして、粘り気が出るまでよくかき混ぜます。こんな感じで糸を引きます。

STEP
タネに油を混ぜさらによく混ぜる
STEP
タネに、水を少しずつ加える

水を少しずつ加え混ぜます。そうするとタネが柔らかくなり、色が白ぽくなってきます。見た目もお店の餃子のタネのように変化してきます。水が混ざらなくなったら、水分を加えるのをやめます。

STEP
タネをジップロックに入れる

キャンプ場での洗い物を減らすために、ジップロックに入れて、平らにならし、完成です。

今回は、キャンプに行く前日にタネを仕込んで、持っていきました。

事前に作って、冷凍もできるよ〜

キャンプ当日の流れ:餃子の包み方&焚き火で餃子焼き方

キャンプで手作り餃子

冷凍のタネをを使う場合は、餃子を作り始める前に解凍しておきましょう。

餃子を包む

【使う道具】

  • まな板の代用として牛乳パックを開いたもの
  • 事前準備した餃子のタネ
  • 餃子の皮 (大判がおすすめ)
  • 水 (適量)
  • スキレットまたは、ダッチオーブン
  • スキレットに蓋がない場合は、アルミホイル
  • ごま油
餃子作りセットアップ

テーブルに牛乳パックを開いたものをおき、餃子を包んでいきます。

ジップロックの端を三角に切り、押せば、手も汚れない!

餃子の皮は、大判がおすすめです。

1個が大きいから、少ない個数で、満足感アップ!

子供達が一生懸命包んでくれました。

餃子を焼く

STEP
焚き火は、赤い炎の状態にしておく

炎の状態で餃子を焼くので、炎の状態をキープできるように、燃えやすい焚き付けや小枝を用意しておきます。

STEP
スキレットを熱々に熱しておく

炎の状態になったら、スキレットを置きます。鉄製は、しっかり熱くしてから料理するのが、美味しく焼けるポイント!

STEP
油をしき、餃子を並べる

油大さじ1を入れて、餃子を並べます。薄く焼き色がついたら(1分くらいを目安)、水を入れます。

熱いので、スキレットを一度火からおろして並べれば、落ち着いてできますね。

STEP
蓋をして6〜8分

蓋がない場合は、アルミホイルで蓋をします。

常に炎の状態で餃子を焼きます。炎が出なくなってきたら、準備しておいた焚き付けなどを入れて、炎の状態にしてくださいね。
家庭用コンロのように均一に料理するのは難しいので、いつも餃子を焼く時間より眺めに焼くのがおすすめです。

STEP
ごま油を回し入れる

水気がなくなってパチパチしてきたら、ごま油を多めに回し入れます。

スキレットから剥がれやすくなるので、しっかり油を入れ焼き付けたら、完成です!

手作り餃子を、キャンプで簡単に作るための3つコツ

この3つを取り入れることで、外でのお料理が一気に簡単になります。

  1. 使い捨ての手袋を使用すること
  2. トレイやまな板の代わりに、牛乳パックを開いたものを活用
  3. ボウルは使わず、ジップロックを活用

外での料理が大変になる理由は、手数が増えたり、水道を使う作業が増えることじゃないでしょうか。

  • 手を汚さない
  • 洗い物を増やさない
  • 現地で行う工程を最低限にすること

片付け時間が減って、のんびり過ごせるね。

残った餃子のタネは、どうしてる?中華スープの具に活用しちゃおう。

餃子のタネをちょうど使い切るなんて、難しいよね。

昔は、そのまま焼いていましたが、スプーンですくって、スープに落とせば、中華スープの出来上がりです。

味付けは、鶏ガラスープの素とお好みでホワイトペッパーが手軽。

我が家では、もっぱらシャンタンを愛用中です。

楽天24
¥554 (2023/01/30 18:20時点 | 楽天市場調べ)

ジップロックから、むにゅっと押し出して、沸騰しているスープの中に落とすだけ。

余裕があったら、乾燥の緑豆春雨をひとつかみ入れると、中華スープらしさが一気にアップします。

さらに溶き卵を加えると、完璧な中華スープに!

アミカネットショップ楽天市場店
¥291 (2023/01/30 18:20時点 | 楽天市場調べ)

キャンプ翌朝のスープとして作っておけば、温めるだけで、朝食ができちゃうので、おすすめです。

キャンプ飯に餃子作ってみたいけど、くっつかない?気になる質問あれこれ。

キャンプで餃子を焼くと、スキレットにくっついてしまいます。焼き方のコツを教えてください。

鉄製のスキレットは、熱く熱してから、油を引きます。煙が出るくらい熱くしても大丈夫です。

最後焼き上がった後に、多めのごま油を回しかけパチパチしてくるまで焼き上げると、キレイに剥がれます。

餃子を焼きたいけど、スキレットに蓋がありません。どうしたらいいですか。

アルミホイルで代用できます。フライパンを熱する前にアルミホイルを当てて、蓋の形を作っておくと、便利です。被せたいタイミングですぐに使えます。

冷凍餃子を持ってきました。水の量はどのくらい入れればいいですか。

冷凍餃子は、生餃子より調理時間がかかるので、餃子が半分被るくらいの水がいいでしょう。生餃子なら、餃子の1/3くらいの量の水がベストです。

手作り餃子をソロキャンで作ってみたいんですが、材料が余ってしまう。どうすればいいですか。

餃子の皮は、1パック20枚くらいです。使う分だけ持っていき、残りは小分けにして冷凍します。

上記材料でタネを作った場合は、タネを4等分くらいに、小分けにして冷凍します。次回以降のキャンプでは、冷凍のタネと皮を持っていけば、手軽においしい餃子が食べられます。

キャンプの献立は、餃子に決まり!?手作り餃子のレシピのまとめ

キャンプで焼き餃子

今回は、手軽にできるキャンプで作る自家製餃子のレシピをご紹介しました。

キャンプ前日に、タネを作って、当日は包むだけにしておけば、簡単です。残ったタネは、スープにしてリメイク

餃子の材料は、こちらです。

【材料】

  • キャベツ1/4 (または白菜)
  • 豚ひき肉300g
  • 長ネギ1/3本
  • ニンニクみじん切り1かけ
  • しょうがみじん切り1かけ
  • 酒 小さじ3
  • 塩 小さじ1
  • 醤油  大さじ1.5
  • 砂糖  小さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • ホワイトペッパー (お好みで)
  • 油大さじ1(今回は米油を使用)
  • 水 大さじ1〜2

ブッシュクラフトLIFEWORKでは、直火で作るお料理レシピを多数ご紹介しています。

焚き火料理が初めてで不安な方へ、料理のコツをご紹介しているので、ご出発前に是非一度チェックしてみてくださいね。

今回の餃子もダッチオーブンを使って焼いても、もちろん大丈夫!ご興味のある方は、別記事をご覧ください。

実際にナイフを手にしたら、自宅でもキャンプでもたくさん使ってナイフに慣れていきましょう。

キャンプ場でフェザースティックを作って、焚き火を楽しんでみませんか。

プロに教えていただいたフェザースティックの作り方を別記事にまとめています。ご興味があれば参考にどうぞ。

ちょっとワイルドなソロキャンに憧れているけど、ブッシュクラフトってどんな感じか気になる!そんな方は、ブッシュクラフトキャンプの全体をご紹介しているこちらをどうぞ。

それでは、皆さまの素敵な日々にイロドリを。

にほんブログ村 アウトドアブログ ブッシュクラフトへ
にほんブログ村
この記事を書いている人
ムスカリ

ブッシュクラフトLIFEWORKの運営者

アウトドアインストラクターアシスタント

小学校サバイバルレッスンゲストティーチャー

危険生物対策アドバイザー

キャンプ飯で餃子の作り方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次