初めてでも失敗知らず!ダッチオーブンで煮込みハンバーグ

how to cookstewed hamburger steak

ブッシュクラフトLIFEWORKでは、読者の皆さまのアウトドアライフにイロドリを!をテーマに、
アウトドアインストラクターアシスタントである筆者の体験レビューを、丁寧に解説し、楽しく遊ぶ提案をしています。
ブッシュクラフトとは、森の生活技術を応用したアウトドアの遊びのことです。

温かいお料理が恋しい季節になってきました。

アウトドアを楽しみながら、身体が温まる美味しいご飯が食べたくなってきます。

そんな時にぴったりな煮込みハンバーグの作り方を紹介します。

お鍋一つで完結するので、楽チン。

お肉、お野菜がたっぷり入り、栄養満点。そして簡単、美味しい、片付けが少ないと超優秀メニューです。

材料を揃えて、投入をしていくだけです。

今年2度目煮込みハンバーグを作りましたが、ズボラな作り方でも変わらない美味しさです。

1泊2日のキャンプなら夕飯&朝食になるので、食事にたくさんの時間をさかなくて大丈夫。

熱源は焚き火を使用。お鍋はダッチオーブンを使っています。

翌朝のアレンジも、参考までにどうぞ。

タップできる目次

自宅での下準備

ハンバーグだねを自宅で作り、持って行くのが簡単です。

ハンバーグだねの材料(4人分)

・牛豚のひき肉+牛粗挽きひき肉 計500g
・パン粉 1カップ
・玉ねぎみじん切り 半分
・牛乳 (パン粉がヒタヒタになるくらい)
・卵 1個
・ナツメグ
・ブラックペッパー
・塩 小さじ2

☆牛乳なしでも変わらず美味しくできたので、それでも大丈夫です。
その他材料
・じゃがいも3個
・人参1本
・しめじ1パック
・煮込みハンバーグ用のトマトソース
・オリーブオイル

作り方:

  1. 大きめボウルに、ビニール袋をかぶせておく
  2. ビニール袋に上記ハンバーグだね材料を全て投入し、簡単に揉む
  3. 袋が破けても大丈夫なように二重にして、保冷バックに入れる
  4. じゃがいも、人参の皮をむいて、それぞれ一口大に切っておく

ポイント①粗挽きの挽肉を混ぜること

食感が出て、私は好きです。粗挽きが売っていなければ、牛の細切れを荒く叩いて、入れても美味しいです。

ポイント②混ぜすぎない

餃子の様に粘りが出るまで混ぜないこと。全体がちゃんと混ざれば大丈夫です。

ハンバーグは、ご自宅で作っているいつも作っているレシピで大丈夫!参考までに書きました。

煮込みハンバーグを作るキャンプ当日の流れ

当日あると便利なものは、使い捨てのビニール手袋。汚れても大丈夫なようにしておきます。

ダッチオーブンは蓋を外し、焚き火の上に置いておく

鉄は熱くしてから、使いましょう!

ダッチオーブンで煮込みハンバーグの作り方
  • 強火
    ハンバーグに焼き色をつける

    オリーブオイルを多めに入れる。

    両手がふさがると大変なので、片手だけビニール手袋をし、グッ!グッ!と握って空気を抜き、鍋底に当て入れるようにして、入れる。

    片面に焼き色がついたら、ハンバーグをひっくり返し、反対側にも焼き色をつける

  • 強火
    野菜とトマトソースを入れる

    野菜を隙間に入れていく。じゃがいも、人参、上にしめじをのせ、煮込みハンバーグ用のソースをかけ、蓋をする。

  • おき火
    時々かき混ぜながら、ぐつぐつ煮る

    沸騰してきたら、コトコト煮込むため、おき火へとお鍋を移動する

  • 火から下ろす
    蓋を閉めたまま10分放置

    この間にささっとお片付け

  • 完成!!!

作り方はとてもシンプル。

普段はお料理しない方でも、手軽にチャレンジできるお料理です。

焚き火でお料理ってハードルが高そうだけど、煮込み料理は、ゆったり作れるので、初めてでもおすすめです。

子どもと一緒に作るのも、楽しい時間になりそうです。

ダッチオーブンは、メンテナンスをしっかりすれば、長く使えます

ちなみに私は、これを愛用中。

煮込んだり、蒸したり、焼くだけじゃない料理方法でも活用したい方へおすすめ!
¥5,689 (2022/12/05 19:02時点 | 楽天市場調べ)

車移動のキャンプなら、ステンレスダッチオーブンより、鉄をおすすめします。

何を作っても、本当に美味しく仕上がります!!!

  • お米もは、ふっくら、ツヤツヤに炊ける
  • ピザもパンも作れる
  • 蓄熱性がよく、保温効果に優れている
  • 微量ながら鉄分摂取可能

重さに勝るメリットで、我が家は、鉄一択でした!

  • 初めてダッチオーブンどれにしようか迷っている方
  • お料理する時に、使い方、片付け方を知っておきたい方
  • ダッチオーブンて、他に何が作れるか知りたい方

別記事に詳しく書いているので、ご興味があれば、参考にどうぞ。

煮込みハンバーグ作り<体験レビュー>

当日の工程が少なく簡単で、大満足な仕上がりです。

見た目も味も最高。

パンにもご飯にもあうメインのできあがりだね1

  • ソースが煮詰まり、お肉やお野菜と絡みやすく食べやすい
  • 小さいハンバーグをいくつも作ったので、子どもも食べやすい
  • ナイフで切る手間がなく、フォーク一本で食べられる
  • 翌朝のリメイクにも便利

柔らかいので、老若男女食べやすく好評です。

初めてのダッチオーブンで何を作ろうか迷っていたら、煮込み料理は間違いなくおすすめです。

少しくらい放っておいても、焦げることはないので、焦らず作れると思います!

それでも焚き火料理は、初めてで不安だなぁ〜と感じている方

基本の焚き火クッキングについて別記事に詳しく書いているので、キャンプの前に一度ぜひ読んでみてくださいね。

おすすめリメイク方法:残りものをさらに美味しく!

アレンジ方法①:ソーセージ&おにぎりを入れる

油がかなり出ていたので、お鍋を温めソーセージを投入しました。

前夜の残りご飯で塩おにぎりを作っておいたので、そのままお鍋に入れてみたら、ほんのり赤く色付いて美味しそうに大変身。

おにぎりを崩しながら、ソーセージとお野菜と混ぜて、いただきました。

アレンジ方法②:チーズとご飯を入れてトマトドリア

ご飯と煮込みハンバーグがかなりたっぷり残っていました。

残りのご飯を入れ混ぜ、水1カップ、コンソメ1かけを入れ火にかける

火が入ったら、とろけるチーズをかけて蓋をして、火から下ろして5分

水気が飛び、トロトロに溶けたチーズハンバーグドリアの完成です。

寒い朝に体も心も温まる簡単で美味しい朝ごはんになります。

どちらも洗い物が一切出ないので、とても助かります。

煮込みハンバーグに合わせるパン作り

煮込み料理に慣れてきたら、メインに合わせるパン作りを取り入れてみてはいかがでしょうか。

アウトドア時間が更に充実すること間違いなしです!

一緒に食べたら、なお美味しい!手作りフォカッチャの作り方こちら

フォカッチャを作る場合は、まずフォカッチャを作り、それから煮込みハンバーグを作ります。

そうすれば、1つのお鍋でどちらも作れちゃいます

普段オーブンで作るパンを、焚き火で作る感動を味わって見ませんか。

まとめ

ダッチオーブンを使って煮込みハンバーグの作り方をご紹介しました。

これからの季節にはぴったりのお料理です。

簡単、早い、お鍋1つで完成でき、翌朝にリメイクし雰囲気を変えて楽しめます。

煮込み料理は、ゆっくり時間をかけて作るので、初めてのダッチオーブン&焚き火料理におすすめです。

煮込みハンバーグの作り方は、簡単です。

ハンバーグだねを作って、材料をどんどんお鍋の中に入れていくだけ焚き火の火加減だけしっかり気をつければ、美味しく仕上がること間違いないです。

行程が簡単なので、お子さんとアウトドアで一緒にお料理をしたい!と思っている方にも、オススメのレシピです。

それでは、今日も皆様の素敵な日々にイロドリを。

この記事を書いている人
ムスカリ

ブッシュクラフトLIFEWORKの運営者

アウトドアインストラクターアシスタント

小学校サバイバルレッスンゲストティーチャー

危険生物対策アドバイザー

how to cookstewed hamburger steak

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次