焚き火で作る簡単スイーツ!焼きりんごの作り方【秋冬キャンプにおすすめ】

焚き火で作る簡単スイーツ焼きリンゴの作り方

ブッシュクラフトLIFEWORKでは、読者の皆さまのアウトドアライフにイロドリを!をテーマに、
アウトドアインストラクターアシスタントである筆者の体験レビューを、丁寧に解説し、楽しく遊ぶ提案をしています。
ブッシュクラフトとは、森の生活技術を応用したアウトドアの遊びのことです。

焚き火で簡単にスイーツを作ってみたいな。

初めてだったら、焼きりんごがおすすめだよ!

これからのりんごの季節にはぴったり!焼きりんごは、大人も子どもも大好き。

ホイルで包むだけ、誰でもできる焼きりんごの作り方を、ご紹介します。

初めてだと不安な焚き火料理も、焼き芋と同じ要領で作れるので、安心。

焼きりんごは、簡単なので初めてのキャンプにもおすすめの一品です。ぜひお試しくださいね。

この記事を書いている人
ムスカリ

ブッシュクラフトLIFEWORKの運営者

アウトドアインストラクターアシスタント

小学校サバイバルレッスンゲストティーチャー

危険生物対策アドバイザー

この記事を読むとこんなことがわかります

  • 焼きりんごの作り方
  • 焼きりんごを作るときの焚き火の火加減
  • 便利な道具紹介
タップできる目次

焼きりんごとは?

焼きりんごに、たっぷりのレーズンを入れて作りました。

焼きりんごは、りんごの中央に甘いフィリングを詰めてオーブンで作るスイーツです。

今回は、焚き火の熾火(おきび)を活用して、焚き火で作る方法をご紹介します。

焼きりんごは、出来立てが一番おいしい!

手順も材料もシンプルなので紹介していきます。

簡単だから、子どもたちに任せられちゃう!

焼きりんごの材料

【焼きりんごの材料(1個分)】

  • りんご 1個
  • きび砂糖 大さじ1
  • シナモン 小さじ1/4
  • バター(有塩) 10g
  • お好みでレーズン 
  • アルミホイル
  • ナイフまたは、先がギザギザのスプーン

トング焚き火用グローブもお忘れなく!

これからの時期は、キャンプ前に道の駅に寄り、旬のりんごを購入して作るのも贅沢ですね。

バターは、お好みで有塩、無塩を使い分けてくださいね。私は、いつも有塩で作っています。

子どもと一緒に食べるときは、シナモンは控えめに作ります。

芯をくり抜くナイフは、こんなかわいいグレープフルーツナイフを使用

グレープフルーツナイフで芯を取り除くと楽ちん!

キャンプで焼きりんごの作り方

STEP
りんごの芯をくり抜く

芯をくり抜くときの注意点は、全部くり抜かず、底辺部分を残すことです。

底があると、中に詰めた材料が流れ出てしまわないので、ゆっくり丁寧にスプーンでほじるか

細いナイフを入れて、回して切っていきます。

STEP
くり抜いた部分に材料を詰める

材料は、ミルフィーユのように層にして入れます

砂糖、レーズン、シナモン、バターを入れ、また砂糖、レーズン、シナモン、バターというように重ねます。

これを2〜3回繰り返し、くり抜いた部分が上までいっぱいになるまで続けます。

STEP
アルミホイルでまく

アルミホイルを大きく一枚切り、中央にリンゴを乗せて、周辺から包むように包みます。

この時、上下がひっくり返らないように気をつけて巻きましょう。

厚手のホイルなら1重で大丈夫ですが、通常のホイルの場合は、2重にして巻きます

STEP
りんごを熾火の上に置く

りんごの上下を間違えないように、熾火の上にそっと置きます。

すぐに焦げてしまうので、赤い炎が当たらない場所におきましょう。

STEP
りんごが柔らかくなっていたら、完成!

りんごの硬さは好みですが、柔らかいとろけるような感じは、約1時間程度かかります。

ちょっとシャキッと残るくらいは、30~40分くらいを目安にしてみましょう。

りんごの甘さと、バターの芳醇な香りとシナモンの強さが、お口いっぱいに広がります。

バターがしっかり溶けている出来立てが最高〜

食事を作り始めた頃、焚き火に入れておけば、ちょうどデザートが食べたくなった頃に出来上がります。

コロンと熾火の上に置いておくだけなので、ぜひ作ってみてください。

焼きりんごを現地で作るのが面倒な場合は、自宅で作って持っていけば大丈夫!

おすすめ道具のご紹介

焼き菓子やパン作りが大好きな、筆者のおすすめバターと、使用ナイフをご紹介します。

バター カルピスバター 有塩(カルピス社)450g

製菓、製パンをする方々に人気のカルピスバターです。

「バターを変えるだけでこんなに変わる!」と実感できるのが、トースト。すっきりとした美味しさがクセになる味。

カルピスバターとは、カルピスを作るときに使わない乳脂肪を使って作ったバター。

450gと一つが大きいので、購入して、3つに分け冷凍して使うのが、おすすめです。

焼きりんごの味をさらに美味しくさせてくれるカルピスバター!食材にこだわりたい方は、是非どうぞ。

グレープフルーツ ナイフ

パール金属オンラインストア
¥611 (2022/12/06 21:06時点 | 楽天市場調べ)

両面がギザギザで、グレープフルーツをくりぬくナイフ。

知っていても、このためにしか使えないから、購入をためらう気持ちわかります。

ただこれを使うと、グレープフルーツが手間なくすぐに食べられる!柑橘類がお好きな方は、持ってて損はないと思います。

ナイフ同様気をつける必要はありますが、覚えれば子どもでもナイフより扱いやすいので、キャンプで活用中。

りんごの芯もバッチリくり抜けるので、焼きりんご作りにも最適なナイフ!

モーラナイフ ウッド カービング ベーシック

ウッドカービング用って、書いてありますが、フルーツカービングにもピッタリだと思い購入しました。

ブレードは、ステンレス。
持ち手は、プラスチックで、軽い。

ガンガン洗えて清潔に保てるのが嬉しいポイントです。

ブレードが細いので、りんごの芯をくり抜く作業に、ピッタリ!!!

  • 料理用にも使える
  • フルーツカービングもできる
  • クラフト用にも使える

そんな目的で私は選んでいます。

さすが、細かい作業がはかどるナイフ。

りんごの皮に子どもの名前をカタカナで彫ってみたら、大喜びしてくれました!

スイカやリンゴの素敵なカービングに憧れるなぁ

おいしい焼きりんごを作るポイント

熾火
炭が赤くなっている状態が熾火。
  1. 炎ではなく、熾火で料理すること
  2. トングで触りすぎるとホイルが破けるので、あまり触らないこと
  3. 砂糖とバターは、たっぷり入れること

ほったらかし状態で出来上がるので、置く場所を間違えなければ、大丈夫。

熾火でも、焦げそうだと感じたら、灰になっている部分に移動させてみましょう。

焼きりんごには、バニラアイスが最高

焼きりんごに、バニラアイスは、最高の組み合わせ!

キャンプでは、まだ実現できていませんが、自宅オーブンで作って食べたら、最高でした。

デイキャンプでおやつだけを作るなら、キャンプ場の売店でバニラアイスを買ったり、クーラーボックスをキンキンに冷やして、お供にどうぞ〜!

初めてのキャンプでも簡単!焼きりんごの作り方を紹介しました。

ダッチオーブンやスキレットの道具要らずで、誰でも簡単に作れる焼きりんごの作り方をご紹介しました。

【焼きりんごの材料(1個分)】

  • りんご 1個
  • きび砂糖 大さじ1
  • シナモン 小さじ1/4
  • バター(有塩) 10g
  • お好みでレーズン
  • アルミホイル
  • ナイフまたは、先がギザギザのスプーン

トロトロであま〜い焼きりんごの作り方

  1. りんごの芯をくり抜く(底はくり抜かないように注意)
  2. 中身の材料を順番に詰める
  3. アルミホイルで包む
  4. 熾火の上に置き、約1時間(時々転がし、位置を変える)

焚き火でスイーツが作れると、ご飯を作る時とまた違う喜びがあります。

簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください。

スイーツなら、冷凍パイシートで作るアップルパイも、絶品!

ご興味があれば、レシピを紹介しているので、ご参考にどうぞ。

それでは、皆さまの素敵な日々にイロドリを。

にほんブログ村 アウトドアブログ ブッシュクラフトへ
にほんブログ村
この記事を書いている人
ムスカリ

ブッシュクラフトLIFEWORKの運営者

アウトドアインストラクターアシスタント

小学校サバイバルレッスンゲストティーチャー

危険生物対策アドバイザー

焚き火で作る簡単スイーツ焼きリンゴの作り方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次